アロサウルスの骨格が組み上がりました。

天草市立御所浦白亜紀資料館からお借りした「アロサウルス」の全身骨格標本が組み上がりました。頭からシッポまで6mはあります。今にも動き出しそうな姿です。

鉄骨や石膏でできた標本のため、各パーツが重いです。今回は高さ1mの土台に引き上げたため、苦労しました。肋骨も1本、1本、手作業で組み上げられています。

1m引き上げた理由は、子どもたちのための「恐竜トンネル」を設置するためです。アロサウルスの全身骨格を、ジュラ紀のほ乳類のなかまになりきって、足元から見上げることを予定しています。

皆さん、楽しみにしてくださいね。