ニホンオオカミ

3D復元画:新村龍也

学名 Canis lupus hodophilax

時代 第四紀完新世

地域 日本

ニホンオオカミは、からだの大きさはオオカミのなかまでは小さいほうです。「あし」や「みみ」も小さいです。1905ねんに奈良県(ならけん)でつかまえられましたが、それからは見ることはなくなりました。そのため、絶滅(ぜつめつ)したようです。
おなじように北海道(ほっかいどう)のエゾオオカミは1894ねんごろに絶滅しています。
どうして絶滅したのか、しらべてみよう!